ベルタ葉酸サプリとDHC葉酸サプリの比較。安全面も考えて

 

 

DHCと言えば、様々なサプリメントを販売しており、マルチビタミンなどは飲まれている方も多いかと思います。
とても安く購入出来る他、身近な店舗で購入することが出来るため、人気ですよね。

 

このDHCからは、葉酸サプリも販売されており、1ヶ月分が250円程度で購入出来ることから、手にとったことがある方も多いのではないでしょうか。
一方、ベルタ葉酸サプリは、DHC葉酸サプリほどは安くないものの、豊富な栄養素と高い安全性から人気があります。

 

このベルタ葉酸サプリとDHC葉酸サプリを比較していきたいと思います。
安全面も考えて選ぶならば、一体どちらのサプリメントが良いのでしょうか。

 

 

ベルタ葉酸サプリとDHC葉酸サプリ、配合されている栄養素は?

 

まずは、ベルタ葉酸サプリとDHC葉酸サプリに配合されている栄養素について比較していきたいと思います。

 

○ベルタ葉酸サプリ ○DHC葉酸サプリ

 

<1日4粒あたり>

葉酸・・・400μg
ビタミンB6・・・4mg
ビタミンB12・・・3.2μg
鉄分・・・16mg
カルシウム・・・232mg

 

 

<1日1粒あたり>

葉酸・・・400μg
ビタミンB6・・・1.7mg
ビタミンB12・・・2.5μg
鉄分・・・配合なし
カルシウム・・・配合なし

 

 

妊娠中に必要と言われている栄養素のみを比較してみました。
含有量を見てみると、ベルタ葉酸サプリもDHC葉酸サプリも、葉酸の含有量はともに400μgです。

 

どちらも合成葉酸ということで、厚生労働省が推奨している葉酸を摂取することが出来ます。
合成葉酸は吸収率が85%と高い上に、どちらのサプリメントにも葉酸の吸収率を高めるビタミンB6とB12が配合されています。

 

ですが、ビタミンB6とB12では、含有量に違いが見られます。
特にビタミンB6は、ベルタ葉酸サプリが4mg配合されているのに対し、DHC葉酸サプリは1.7mgとなっています。
両者で開きが見られるものの、安い葉酸サプリには配合されていないことが多い成分のため、この点は良いですよね。
ちなみに、妊娠中のビタミンB6推奨摂取量は、1.8mgとなっています。

 

 

問題はカルシウムと鉄分

 

問題となるのは、DHC葉酸サプリには、鉄分とカルシウムが配合されていないという点です。
鉄分は、赤ちゃんの血液を造ったり、妊娠中期から後期にかけて頻発すると言われている貧血を予防する大切な役割があります。
カルシウムは、赤ちゃんの骨を造ったり、妊婦さんの骨粗しょう症を予防したりする働きがあります。

 

鉄分・カルシウムともに、不足してしまうと赤ちゃんと妊婦さんに影響がある栄養素のため、配合されている方が望ましいと言えます。

 

鉄分とカルシウムだけ別のサプリから摂取するのは止めましょう!

 

なら、鉄分とカルシウムを、DHCの別のサプリで補えばいいのでは?と思われる方も多いと思います。
ですが、そのようなことをすれば、無駄な添加物をどんどん余計に身体に入れてしまうことになります。

 

添加物が少ないもしくは無添加というサプリメントなら別ですが、DHC葉酸サプリには添加物が豊富に使用されているのです。

 

 

添加物を比較してみましょう!

 

 

次に、添加物について比較していきたいと思います。
危険な添加物が含まれていないのか、購入前にはしっかりと確認するようにしてくださいね。

 

 

ベルタ葉酸サプリ DHC葉酸サプリ

 

・セルロース
・ステアリン酸Ca

 

 

・麦芽糖
・デキストリン
・結晶セルロース
・ショ糖脂肪酸エステル

 

 

ベルタ葉酸サプリに使用されている添加物は2種類、DHC葉酸サプリに使用されている添加物は4種類です。
添加物以外に配合されている成分が多ければ多いほど、添加物が占める割合は少なくなりますが、そうではない場合は、添加物が占める割合がかなり多くなります。

 

DHC葉酸サプリの場合、98%程度が添加物で出来ているという計算結果になります。

 

添加物の量の計算方法

サプリメントの重さ−栄養成分の量=添加物の量

 

これだけ多くの添加物が使用されているにも関わらず、鉄分とカルシウムの分のサプリメントも飲むとなれば、
添加物をどんどん身体に入れてしまうことになる・・・という意味がお分かりいただけたかと思います。

 

 

危険な添加物はある?!

 

では、添加物についてそれぞれ詳細を見ていきましょう。

 

セルロース(ベルタ葉酸サプリ)

セルロースは、栄養成分を固めるために、増粘剤や賦形剤として使用されている添加物です。
原材料は、海藻やさつまいもなど、食べ物を原料としています。

 

危険性は特にないと言われており、安心出来る添加物と言えます。

 

ステアリン酸Ca(ベルタ葉酸サプリ)

ステアリン酸Caは、混ざりにくい成分を混ぜ合わせるための乳化剤として使用される添加物です。
以前から医療品添加物として使用されているため、安全性については特に問題はありません

 

麦芽糖(DHC葉酸サプリ)

麦芽糖は、じゃがいもやとうもろこしなどを糖化させている添加物です。
サプリメントの形を整えるための賦形剤として使用されています。

 

原料が糖分となっているため、危険性は特にありません

 

デキストリン(DHC葉酸サプリ)

デキストリンは、食品として分類されているもので、複数の栄養成分をくっつけるための結着剤として使用されます。
ブドウ糖が結合しているものですので、危険性はありません

 

結晶セルロース(DHC葉酸サプリ)

結晶セルロースは、紙の原料を分解して得られたものであり、食物繊維の仲間です。
栄養素をくっつけるための増粘剤や、賦形剤として使用されています。

 

この結晶セルロース、実は安全性の確認がとれていない添加物となっています。
医療品添加物として使用されていることから安心出来ると言われていますが、気になる場合には避けることも良いと思います。

 

ショ糖脂肪酸エステル(DHC葉酸サプリ)

ショ糖脂肪酸エステルは、砂糖と脂肪で出来ている添加物で、
成分を固めるための増粘剤として使用されています。

 

危険性はほとんどなく、安全だと言われていますが、過剰摂取により下痢になることがあります。

 

 

このような添加物が使用されているのですが、
結晶セルロースのように、安全性の確認がとれていないような添加物が配合されているという点は気になりますよね。

 

普段なら問題なく口にするかもしれませんが、お腹に赤ちゃんが居るという特別な状態では口にすることはおすすめではありません。

 

 

安全面も考えて、ベルタ葉酸サプリがおすすめ

 

栄養素や安全面など考慮してみると、DHC葉酸サプリよりもベルタ葉酸サプリがおすすめと言えます。
DHC葉酸サプリは、1ヶ月250円程度で購入出来るという価格面での大きな魅力がある他、ビタミンB6とビタミンB12が配合されているという点も魅力です。
ただ、添加物の多さや、結晶セルロースの使用、鉄分・カルシウム無配合など、この辺りが気になってしまいます。

 

安全面も考えると、価格は高くなりますが、ベルタ葉酸サプリの方がおすすめと言えます。