授乳中までベルタ葉酸サプリは飲むべき?

 

 

葉酸サプリは、妊娠中の方が飲むものだというイメージが強いのではないでしょうか。
妊娠してから葉酸サプリの重要性を知ったという方も多いはずです。

 

この葉酸サプリ、実は授乳中まで飲むべきと言われていることをご存知ですか?

 

2015年にモンドセレクション金賞を受賞しているベルタ葉酸サプリは、授乳中まで飲む葉酸サプリとして適しているのか、見ていきたいと思います。

 

 

葉酸サプリはいつから飲むの?

 

葉酸サプリは一体いつから飲み始めるべきなのか、まずはそこから見ていきたいと思います。
赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減させることが目的となるため、妊娠が発覚してからで十分な気がしますが、実際はどうなのでしょう。

 

 

いつから飲み始めるべき?

 

葉酸サプリは、妊娠してから飲めば良いというような認識をお持ちの方も多いかと思います。
赤ちゃんのために飲むのであれば、お腹に赤ちゃんが居る間に飲めばいいんでしょ?と考えますよね。

 

ですが、実は、葉酸サプリは妊娠する前(妊活中)から飲み始めることが大切になります。

 

 

どうして妊娠する前から飲むべきなの?

 

では、どうしてまだお腹に赤ちゃんが居ない妊娠前から飲むことが大切になるのでしょうか。
その答えは、先天性異常のリスクを低下させることが出来るのが、妊娠初期の段階だからです。

 

赤ちゃんの先天性異常の多くは、妊娠10週以内に発生しています。
特に、中枢神経系の先天性異常は、妊娠7週未満の段階で発生することが分かっています。

 

つまり・・・
妊娠に気づき、産婦人科などを受診した際には、すでに手遅れとなっていることがあるのです。

 

手遅れになる前から葉酸を摂取することが大切であるため、妊娠前(妊活中)から摂取することが推奨されているのですね。

 

 

妊娠してからじゃもう意味がないの?

 

ならば、妊娠してから葉酸サプリを摂取するのでは意味がないの?と不安になる方もおられると思います。

 

ですが、妊娠が判明してからの摂取であっても、効果が見られたという報告もあると、厚生労働省の資料に記載がありました

 

葉酸サプリは、先天性異常のリスクを低下させるというだけではなく、他の働きもある栄養素のため、意味がないということはありません。

 

赤ちゃんのためには、妊娠に気づいてからでも飲み続けることが大切になります。

 

 

葉酸サプリはいつまで飲むの?

 

 

葉酸サプリはいつまで飲むべきなのかということは、あまり知られていないかもしれません。
そのため、出産したら飲み終えているという方も多いのではないでしょうか。

 

一体いつまで飲み続けることが大切になるのか、その理由などもご説明していきます。

 

 

いつまで飲むべき?

 

葉酸サプリは、出産したら飲むのをやめても良いと考えている方が多いと思うのですが、
実はそうではなく、授乳中(卒乳)まで飲み続けることが推奨されています。

 

では、どうして赤ちゃんがお腹から出てきた後も飲み続けなくてはならないのでしょうか。

 

 

どうして授乳中も飲むべきなの?

 

前述の通り、葉酸には先天性異常の危険性を低下させる他にも様々な働きがあります。

 

  • 先天性異常の危険性を低下させる
  • 赤ちゃんの細胞分裂をサポートする
  • DNAの核酸の生成をサポートする
  • 口内炎などを予防する
  • 母乳の出や質を高める
  • 子宮の回復を早める

 

このような働きを見てみると、授乳中も飲むべきとされている理由がわかるのではないでしょうか。

 

母乳の質や出を高め、子宮の回復を早めるという働きは、産後の女性にとってとても大切なことです。
母乳育児を行っている方の場合には特に、葉酸の働きが重要となりますよね。

 

 

母乳の質は大切!

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんの母乳を栄養源としています。
お母さんの栄養バランスが悪くなり、この母乳の質が低下しては、赤ちゃんもその影響を受けてしまいます

 

そうならないためにも、葉酸・ビタミン・ミネラル・鉄分・カルシウム・野菜という豊富な栄養素を含むベルタ葉酸サプリを飲み、赤ちゃんに質の良い母乳を与えていく必要があるのです。

 

 

葉酸で赤ちゃんの成長をサポート

葉酸は、赤ちゃんの細胞分裂をサポートする働きがあります。
お母さんの葉酸が不足してしまい、母乳から葉酸を摂取することが出来なくなると、赤ちゃんの成長は遅れてしまいます
逆に、お母さんに葉酸がたっぷりある場合、母乳の出も良くなり、他の栄養素も与えることが出来ます。

 

粉ミルクにも葉酸が含まれていることからも、授乳中の葉酸の大切さは理解出来ますよね。

 

 

授乳中に必要な葉酸の量は?

 

 

授乳中に必要となる葉酸の量はどのくらいなのでしょうか。

 

妊活中・・・400μg
妊娠初期・・・400μg
妊娠中期・・・400μg
妊娠後期・・・240μg
授乳中・・・100〜200μg

 

妊娠初期と比べると必要量は少なくなっていることが分かります。
必要な量が少ないからといって食事のみから摂取しようとしても、大変になるだけです。

 

育児に家事に・・・と忙しい中で、葉酸の摂取量や栄養バランスを考えた食事を作るだけでも一苦労ですよね。

 

 

ベルタ葉酸サプリなら栄養バランスもばっちり!

 

忙しい中で、育児や家事を両立しつつ、効率よく葉酸を摂取するためにも、
栄養素がバランスよく配合されているベルタ葉酸サプリがおすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリなら、葉酸・ビタミン・ミネラル・鉄分・カルシウム・野菜などの栄養素が豊富に含まれています。
過剰摂取とならないよう、ビタミンAやビタミンEの量にも配慮がなされていますので、安心です。

 

ベルタ葉酸サプリにはお客様サポートがあり、悩みなどを相談することも出来ますので、
ただ葉酸サプリを販売しているだけの会社ではなく、しっかりとサポートも行ってくれるベルタ葉酸サプリを選びたいですね。